an heir to property

負担について

ユーザの負担は一切なし

任意売却業者は人の不幸を食い物にしているように見られますが全くの誤解です。 競売開始決定を受けた方のご自宅を訪問した際も「人の不幸を商売の種にしやがって帰れ」って罵声を浴びせられることもままあります。気持ち的には理解できます。しかし、任意売却業者はそれらの人々の再出発に向けて努力していることもわかってもらいたいものです。 不幸を食い物にしているのは弁護士も似たようなものです。全ての弁護士とはいいませんが自己破産手続きに手数料として50万円も要求する弁護士もいると聞きます。お金がないから自己破産なのに尚も大金を要求するとは理解できません。その点任意売却業者は少なくてもユーザーに対しては一切の費用は要求しません。報酬は債権者負担の不動産売却仲介料のみです。

任意売却には交渉力が重要

競売にかけられた者は裁判所に強制的に自宅を売却され自宅を追い出されます。 当然の事ながらその際の引越し代は裁判所は一切出費しません。落札業者も出してくれません。全ては競売をかけられた者が用意しなければなりません。お金が払えなくて競売にかけられたのですからそれら費用の捻出は過酷なものとなります。 ところが任意売却の際は任意売却成立すれば任意売却業者が債権者と交渉し引越し代を認めさせることもあり、公では有りませんが任意売却業者ならではの費用捻出方法もあります。 これは依頼者にとってみれば任意売却をしてよかったと心から思い業者に感謝する事柄なのです。ただ、これらのことは任意売却業者によっての交渉力故ですので何処の業者でもという訳ではありません。

  
  
  

相談する前に

離婚などの相談をするなら、基本的に自分のことを良く理解してくれる人に話すのが一般的です。しかし、最近はそれだけではなく弁護士などに相談することによって、ハッキリトラブルなく解決できるようになるのです。

Read More

相談すべきこと

人によっては相続など重要なことを誰にも相談せずに解決しようとする人がいますが、そのような方法では後から問題が発生することもあります。そのような場面を避けるにはどうしたら良いのか紹介します。

Read More

敷居について

弁護士は様々な分野の法律を抑えているので、とても高いレベルで厳しいというイメージを持っている人が多いでしょう。そのため一般的な人は利用できないと考えている人もいますが、決してそのようなことはないのです。

Read More

使うときに

弁護士を利用して問題を解決するときにはどのような方法で相談すると良いのか抑えておきましょう。またどんな流れで相談すると良いのか紹介するので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

Read More